GRAの活動

教育事業

education

事業概要

education

2011年10月、宮城県山元町で行った課外授業「やりたい仕事がみつかる教室」がこのプロジェクトの起点となりました。多感な中学生の時代に東日本大震災を経験した子どもたちが口にしたのは、「将来大人になったら、人の役に立つ仕事がしたい」。

子どもたちに対して、世の中でできる仕事の視界を広げ、実際にそこで生き生きと働く大人たちから仕事のやりがいを伝え、子どもたちの可能性を広げ、夢を「志」に育てる手伝いをしようと決めました。

中学校、町の教育委員会と連携し、2012年2月より、山元町立山下中学校の総合的な学習の時間で「こころざし教育」を始め、生徒の進路指導につなげています。

宮城県の志教育プランも踏まえながら、子どもたちが将来社会人として、よりよい生き方を目指し、自らの志を立て、その実現に向けて意欲的に取り組む姿勢を育んでいきます。


Why「志」?

子どもたちが、自分で自分の人生を切り開く大人になるため、一番根っこにある重要なものが「志」。

多様な社会人の価値観、仕事への想いを子どもたちにぶつけることで子どもたちの志を醸成する。

なお、PLUS株式会社様には、こころざし教育の実施にあたって、運営資金、文房具や教材の提供、PLUS社員の講師としての派遣など、全面的なご支援をいただいています。
http://www.plus.co.jp/news/120705.html

kokorozashi